記念セミナー開催報告

<意味のイノベーション> オープンセミナー「人のためのイノベーションとは。」

2017.12.11開催

同年夏、東京大学にて行われた「問題解決」だけでなく、「意味」を変えることで、商品の価値を飛躍的に高める、イタリア発「デザイン・ドリブン・イノベーション」提唱者ロベルト・ベルガンティ氏の講演は、デザイン設計・イノベーションにあらたな旋風を巻き起こし、大好評を博しました。
その真髄を体感できる、「意味のイノベーション」オープンセミナーを湘南・藤沢にて初開催しました
湘南のこれからを見据えたイノベーションの在り方知る、貴重な機会です。開発だけでなく、人材育成にも大いに役立つ内容です。
またセミナー後は、湘南地域及び都内近郊の中小企業の皆様とご歓談いただける、懇親会をいたしました。
※文章抜粋 講演者著書「デザインの次に来るもの」帯より。

【第1部】「デザインマネジメントについて」
【第2部】「人のためのイノベーション」
「誰のためのイノベーションか」
~いまこそ中小企業がイノベーションを起こす時代~
「 AI(人工知能)とロボットの意味を考える」
~ロボット特区である湘南地区の未来構想~

【講師】
八重樫 文 氏
⽴命館⼤学経営学部教授
⽴命館⼤学デザイン科学研究センター長 

後藤 智 氏
東洋学園⼤学現代経営学部専任講師
⽴命館⼤学グローバルMOT研究センター客員研究員
⽴命館⼤学デザイン科学研究センターDMLディレクター

津上 哲也 氏
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
  ⽴命館⼤学デザイン科学研究センターDML客員研究員